一般財団法人 埼玉県交通安全協会 http://www.saitama-ankyo.or.jp/

春の全国交通安全運動―みんなで確認! 守ってね。交通ルール。

2019年03月26日 更新

みんなで確認! 守ってね。交通ルール。

実施期間

2019年5月11日(土)~20日(月)

埼玉県重点「子供と高齢者の自転車乗用中の交通事故防止」

自転車の運転者は・・・

  • 自転車は車両です。車道の左側端を通行しましょう。
  • 交差点を通過する際は、信号が「青」でも油断せず、安全確認を徹底しましょう。
  • 自転車に乗るときは、乗車用ヘルメットを着用しましょう。

子供と高齢者は・・・

  • 道路を横断するときは、左右の安全確認を確実に行ってから横断しましょう。また、夕暮れ時や夜間は、特に左から来る車に注意し、車両の直前・直後の横断はやめましょう。
  • 外出するときは、反射材を着用しましょう。

自動車の運転者は・・・

  • 横断歩道等を通過する際に歩行者等がいるときは、横断歩道の手前で一時停止し、その通行を妨げないようにしましょう。

全国重点

交通事故死者の約半数は高齢者です

  • 交差点での安全確認、反射材の着用を徹底しましょう。
  • 運転に不安がある高齢運転者は、免許の自主返納も含めて、家庭内でよく話し合いましょう。

子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止

自転車安全利用五則を確認しましょう

  1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は左側を通行
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
  5. 子供はヘルメットを着用

自転車の安全利用の推進

シートベルトはどこに座っても必ず着用しましょう!

  • 同乗者全員(特に後部座席の同乗者)が正しくシートベルトを着用していることを確認してから出発しましょう。
  • 幼児にチャイルドシートを着用しないと事故時に車外に投げ出されるなど、死亡事故につながる可能性が高くなります。

全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

飲んだら乗らない!乗るなら飲まない!

  • 飲酒運転は悪質な犯罪です。
  • ニ日酔い運転も飲酒運転です。
  • 飲食店等は、運転者には酒類を提供しないなど、ハンドルキーパー運動を推進しましょう。

※路上で寝込んでいる人を発見したら、「110番通報」「その場で待機」をお願いします。

飲酒運転の根絶

統一行動日

5月11日(土) 街頭広報の日・歩行者保護の日
5月17日(金) 自動車安全利用推進の日・飲酒運転根絶の日
5月20日(月) 交通事故死ゼロを目指す日

埼玉県交通安全協会
協賛店案内

埼玉県内の他、栃木・群馬・千葉県内の協賛店で様々なサービスが受けられます。

業種から探す

地区から探す

キーワードで探す

モバイル版

協賛店案内は携帯電話からもご覧いただけます。QRコードからどうぞ!

自転車保険


  • (外部サイトにリンクします)