一般財団法人 埼玉県交通安全協会 http://www.saitama-ankyo.or.jp/

電動車いす利用者のみなさんへ

2014年06月23日 更新

電動車いすは、歩行者と同じ交通ルールです。
 高齢者による電動車いす利用の増加に伴い、電動車いす利用者が交通事故に巻き込まれる事故が増えています。

電動車いすを安全に利用するために

まず練習を十分に

まず練習を十分に 道路に乗り出す前に、公園などの広い場所で周囲の安全を確認しながら十分練習をしましょう。

車体から身体をはみ出さない

車体から身体をはみ出さない 車体から身体をはみ出しますと、バランスを崩し、転倒するおそれがあります。

傾斜地の走行には注意を

傾斜地の走行には注意を 急な傾斜地の走行は避けましょう。走行できる角度は約5度までです。それ以上の角度は危険ですのでやめましょう。

歩行者と同じ歩行通路を

歩行者と同じ歩行通路を 歩行者と同じように、歩道や路側帯を通りましょう。それらがない時は、道路の右側を通りましょう。

人込みの中や狭いところでは注意を

人込みの中や狭いところでは十分注意を 狭いところでの走行は、回りに十分注意しましょう。

坂道はゆっくりと

坂道はゆっくりと 下り坂を走行する時は、ゆっくりとしたスピードで下りましょう。

こんな乗り方は危険です。絶対にやめましょう。

  1. 小さな子供でも同乗させてはいけません。又、子供には絶対に運転させてはいけません。
  2. 電動車いすで、他の車類をけん引することはできません。
  3. 悪天候の日や、悪条件の道路での走行は危険ですので避けましょう。
  4. 夕方・夜間の走行は、危険ですので避けましょう。
  5. 走行時の急ハンドルは危険です。なめらかな運転を心がけましょう。
  6. 高い段差や、急斜面での走行は転倒する場合があるので避けましょう。

電動車いす利用者に対して配慮をお願いします

電動車いす利用者は歩行者とみなされます。(道路交通法第2条第3項)

路上駐車は非常に迷惑です

路上駐車は非常に迷惑です

歩道上の自転車放置は迷惑

歩道上の自転車放置は迷惑

歩道では思いやりをもった行動を

歩道上を走行中は思いやりをもった行動を

横断歩道横断中は注意

横断歩道横断中は注意 

電動車いすの基準(道路交通法施行規則第1条の4 第1項)

車体の大きさ

  • 長さ 120cm以下
  • 幅   70cm以下
  • 高さ  109cm以下

車体の構造

  • 原動機として、電動機を用いること
  • 時速6kmを超える速度を出すことができないこと
  • 歩行者に危害を及ぼすおそれがある鋭利な突出部がないこと
  • 自動車又は原動機付自転車と外観を通じて明確に識別することができること

埼玉県交通安全協会
協賛店案内

埼玉県内の他、栃木・群馬・千葉県内の協賛店で様々なサービスが受けられます。

業種から探す

地区から探す

キーワードで探す

モバイル版

協賛店案内は携帯電話からもご覧いただけます。QRコードからどうぞ!

会員限定バイオリズム測定

会員番号入力

SA